鼻炎

子宮筋腫の悩み|子供を産みたい

敵は花粉だけじゃない

アレルギー性鼻炎を始めて意識したのは、二十歳を過ぎてからでした。それまでは風邪以外では鼻水を流したことがないのに、とめどなく流れ続ける鼻水。丁度、春先ということでこれは花粉症だなと思いました。実際目も痒く、クシャミもひどかったので。確かにそれは花粉症で、鼻炎薬と目薬でどうにか乗り切ることに成功しました。花粉の季節が終わり、これで楽になれると思いきや、何故か鼻水が止まりません。あまりにおかしいということで耳鼻科へ行きいろいろと調べてもらったところ、ハウスダクトに対するアレルギー反応だと判明しました。一言で言ってしまえば、家のホコリです。そこからが戦いの始まりでした。とにかくホコリが出るような家具類は全部処分、毎日のように掃除機をかけ、空気清浄器も各部屋に完備、フル活動させました。とりあえず家にいる限りは平気になりましたが、外に出る時ともう鼻水が滝のようにジャバジャバと。薬やら漢方薬やらを試したもののあまり効き目は感じられませんでした。結局、外出時にマスク2枚重ねは必須となり、外食も不可能となってしまいました。たかが鼻炎と軽く見ていましたが、重くなると日常生活において非常に不便さを感じるものです。早くこの症状が緩和される、画期的な薬が開発されることを祈っています。(市販の鼻炎薬でも少しはマシになりますが、眠くなってしまうし何よりお財布が痛いんですよね。効き目の強い鼻炎薬ほど、お値段が張るので)蓄膿症の症状改善はこちら:慢性の副鼻腔炎や蓄膿症が原因の頭痛や目の痛み匂いを改善

このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊の悩み


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る